不思議なカップの正体

八木山テラスの真ん中あたりにある紅葉の木に苔で編まれたカップがありました。永年疑問だったのですが、答えを先に言うとメジロの巣だそうです。メジロは木で編んだカップ状の巣に、蜘蛛の巣をかけて、そのまわりに苔をくっつけてカモフラージュするそうです。みなさんも見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です